表札というものは、本来手作業で作られるものがほとんどでした。

その家を表すものである以上、壊れたりすることは許されず、素材が木材が主であったころは、その木材を選定した後、じっくりと乾燥させてから彫りこむなどとても手間がかかるものだったのです。

現在では工業化が進み、安価でも美しい表札なども作り上げられるようになりました。

それには住宅の多様化もあります。

日本建築だけにこだわらず、個を生かした住宅なども多く作られるようになり、建築材も様変わりしました。

そこで表札も建築材に合わせ、木材だけで作るのではなく、金属や陶板、ガラスなどでも作られるようになったのです。

料金設定なども変化してきました。

手彫りなど工数的にも日数的にもかかるものの価格は技術に合わせ料金が設定されるものです。

それに比べ機械を使って生産されるものは、機械の損料と時間が料金にかかわってきます。

表札などはそれほど大型の機械を加工に用いることは稀です。

それに機械の精度自体も進化し続けています。

以前ではかなりの価格がしてそうだと考えられたものも、思ったよりも安価で製作できるようになっています。

素材も選択の幅が広がったため、予算に合わせた料金のものを選びやすくなりました。

世界で一つだけのオリジナルのものを作成するのもいいでしょうし、料金を予算に合わせそこまで豪華でなくとも納得がいくものを探すのも、住宅を彩る表札選びの楽しみの一つといえるのではないでしょうか。