表札というものは、家の玄関でいわばその家の顔として大切な役割を担っている重要な存在です。

簡易的なイメージのあるカッティングシートやステッカーですが、短時間で加工できて安価なことから、表札などに利用される場合もあります。

耐久度的な問題から、重要な場所などに貼り付けられることは敬遠されがちではありますが、様々な問題により一般的な加工表札などではなくこういったステッカーなどのほうが向いている場合もあります。

例えば、一般の賃貸住宅で、以前の居住者が表札代わりに張っていたものがはがせない場合なども、ステッカーなどが役に立ちます。

古いものの上からかぶせるように張り付けることで、取り替えることができるうえに、ステッカーなどはサイズ選定にかなりの自由度があるということもあります。

 

賃貸住宅などでは表札なども指定の場所や様式があり、なかなか市販のものが使えなかったりする場合があります。

特にレールがつけてあって、差し込むことで交換を容易にしているものなのであれば、素材の厚みも限定され、なかなかオリジナルの表札に加工できなかったりもするものです。

そういった時にはステッカーのものを選択することで、指定サイズの物の上から張り付けるだけでオリジナル感のある表札を作ることができるのです。

 

以前であれば、ステッカーは耐久度の低いものでした。

ですが現在は技術も進み、風雨にも耐え劣化も少ない商品も多くあります。

制限が多い場所などの場合は、こういった商品も検討の中に含めてみるのも賢い選択となるのです。